歯列矯正のブラケット装着期間は2016年20代であれば1年以下が普通だと山崎先生は感じています | 歯列矯正の名医による顎関節症/うつ病/不登校からの復活とは?
現在の日本で激増している歯列矯正失敗による顎関節症やうつ病から復活するために必要な名医の歯科治療とはどのようなものかを実際の臨床例と患者の声で伝えるブログ
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

NewEntry
Comment
  • ホワイトニングは歯列矯正とは切っては切れないもの・機能も重要だけど見た目も重要
    きょろ (09/23)
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
歯列矯正ブログ村
Other


歯列矯正のブラケット装着期間は2016年20代であれば1年以下が普通だと山崎先生は感じています

June 18, 2016

Hazel 朝日森
Check21 ゴールが見えた

Hazel 朝日森は歯列矯正の調整でした。

順調です。

orthodontics,brace,歯列矯正,ブラケット,gvbdo

07/25/15 Bracket Bonding 直前の様子↑

orthodontics,brace,歯列矯正,ブラケット,gvbdo,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

07/25/15 Bracket Bonding 直前の様子↑

orthodontics,brace,歯列矯正,ブラケット,gvbdo,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

07/25/15 Bracket Bonding 直後の様子↑

orthodontics,brace,歯列矯正,ブラケット,gvbdo,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

02/18/16 歯列矯正の調整12回目の様子↑
ブラケット装着から208日経過

orthodontics,brace,歯列矯正,ブラケット,gvbdo,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

06/18/16 歯列矯正の調整21回目の様子↑
ブラケット装着から329日経過

歯列矯正で一番時間がかかる

奥歯のかみ合わせの調整の中でも

最も手間がかかるのは

咬合面に出来たカーブを

どのようにしてなくすのか

という治療です。

素人目にはわからないので

早く終わった!とか言って

ブラケットオフをする

歯医者さんが多い日本ですが

カーブがついたままで終了すると

すぐ後戻りしたり

顎の位置が不安定になるので

顎関節症になったりと

散々な目に遭うので

ここは慎重になる場面です。

とはいえ

20代前半のヘーゼルは

順調に推移しているので

ブラケットオフは

山崎先生が3月に推測した

6月を少し過ぎただけで

できそうな雰囲気になっています。

つまり

ゴールはもうすぐそこ

と言う事です。

歯列矯正, 乳歯,まだ残っている,女子,高校生,ブラケット,1年以下,期間,痛くない,小顔, 画像,,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

hazelの日記 投稿者:hazel 

投稿日:2016年 6月18日(土)23時36分40秒 

本日は診療ありがとうごさいました。

今回の日記です。

今回も夜行バス+折り畳み自転車で

高山に向かいました。

高山は朝と昼の温度差が厳しいですね。

矯正は順調だそうです。

上下Dワイヤー、顎関ゴムは

上の奥歯と下の犬歯です。

マーくんの登校班の件大変ですね。

今日はあまりお話しが

できませんでしたが

またいろいろお話しできれば良いと思います。

次は7月2日(土)の1300に伺います。

ありがとうごさいました。


Hazel 朝日森の治療を全て見る<<<info click

接着ブリッジ,前歯,削らない,最小限,インプラント,メタボン,画像, GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!

だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.

が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る

アメリカ歯科標準治療入門書

 

「ほんとうの治療」↓

| 歯列矯正失敗からの復活 | 09:10 | comments(0) |









http://xn--v9jwc908wwthoph425b15d.jp/trackback/1058