奥歯のクラウンで一生持つのはゴールドクラウンだけ、というのは材料学的な見地からも正解! | 歯列矯正の名医による顎関節症/うつ病/不登校からの復活とは?
現在の日本で激増している歯列矯正失敗による顎関節症やうつ病から復活するために必要な名医の歯科治療とはどのようなものかを実際の臨床例と患者の声で伝えるブログ
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

NewEntry
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
歯列矯正ブログ村
Other


奥歯のクラウンで一生持つのはゴールドクラウンだけ、というのは材料学的な見地からも正解!

March 10, 2011

Tac天神西早稲田 #30TIFF
Del

Tac天神西早稲田は#30 TIFF Delでした。

修復治療ですからラバーダムは必須になります。

ゴールドクラウン,歯,メリット,最新治療方法,画像,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

前回行ったPrepです↓。

ゴールドクラウン,歯,メリット,最新治療方法,画像,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

マージンが綺麗に一周しているのが

重要なポイントだということはもう言いました。

今日は、前回、電気メスで切った歯茎の

回復ぶりの顕著なことに注目します↑。

そしてTIFF Del直後の様子です↓。

ゴールドクラウン,歯,メリット,最新治療方法,画像,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

ゴールドはお口の中で

腐食しないということが

臨床的に証明されている歯科材料なので、

アメリカ歯科標準治療では、

ゴールドクラウンにした場合、

そのクラウンは一生持つ可能性があると

いうことになっています。

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは、

過去16年間において

1000以上のクラウンを

ゴールドで作りましたが、

事故で破折した

4本の歯のクラウンを除くと、

通常の使用では、

まだ1本も壊れてはいないので、

アメリカ歯科標準治療は

日本の歯科治療とはどこか違う!

ということが小学生でもわかるのです。

ということで

Tac天神西早稲田の正面の様子です↓。

ゴールドクラウン,歯,メリット,最新治療方法,画像,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

醜い銀歯がほぼなくなり、

咬合の再構築のために

抜歯する歯も決まったので、

Tac天神西早稲田の

歯列矯正前の修復治療は右上の2本を

残すだけとなりました。

*一生持つクラウンとは*

参考1:一生持つクラウン

参考2:Cazzanigaの金細工

参考3:名医は自分で技工をする理由

参考4:奥歯にメタボンがダメな理由

参考5:ヒリヒリするガルバニックショック

ゴールドクラウン,歯,メリット,最新治療方法,画像,名医,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

[2993] 修復治療 12 投稿者:Tac天神西早稲田 

投稿日:2011年 3月11日(金)00時47分48秒 

本日は、#30 に Gold Crown を

入れていただきました。

うわさ通りの大変綺麗なクラウンで、

まさに一生ものだと思います。

修復治療も、

いよいよ右上を残すのみとなりました。

カウンセリングでは、

ルーシーブラウンさんと

ご一緒させていただきました。

本日も治療をしていただきありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願い致します。



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ    

 

バナー表示されない方はこちら(人気ブログ村)をおねがいします。

 

岐阜県高山市で最も読まれているスピ系ブログかも↓

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO


↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!

だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.

が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る
アメリカ歯科標準治療入門書

 

 

| ゴールドクラウン | 11:15 | comments(0) |









http://xn--v9jwc908wwthoph425b15d.jp/trackback/1250